月: <span>2019年12月</span>

年末更新:ねこたんはかわいい

 年末ですね。
 今日久々に自宅に帰って家のねこたんにあって焼きカツオを挙げてきたんですが可愛かったです。
 ねこたんはただ存在するだけで可愛いので何をやっても許される存在なので尊く、本当にねこたんを飼っていて良かったと思うのです。

 というかこのネタで長文書くのは無理なので書かないでおきますが。うちのねこたん本当に可愛いんです。まあ猫飼っている人はみんなそう思ってるんでしょうけどね。
 でも可愛くて良いです。また会いに行こう。


艦これは楽しいなぁ!(吐血

 艦これ2019年秋イベント楽しんでいます。
 ドロップ率5%の秋霜を80連続でドロップしない確率って何パーセントだと思います?1.6%です!
 毎回ドロップ率には騙されていて、5%を取るのに183回・125回出撃してゲットだったり80回出撃して駄目だったりするのです!

 私基本的に高校レベルの確率統計は得意分野で、普通に考えて5%が80回出ない確率なんか一発ゲットより確率低いの知ってるんですけど、実際に試してみると100回120回150回180回とかかかるんですよね。不思議。数字は嘘をつかないはずなのに。
 まあ運が良い時は10回でドロップする事だってあるので運不運なんですけども、それにしたってより過ぎだろうと思う事があるのです。
 個人的な体感で言うと確率統計が得意な人は運が悪い傾向にあるなと思っていて、確率計算なんていう裏技能を覚えるから罰として運を絞られてるんじゃないかと思うくらい、確率統計が得意な人は運が悪いな、と思うのです。

 まあ今掘っている秋霜は今回イベントの最後の艦娘なので秋霜が掘れたらイベント終わり、という事を考えると「楽しませてくれているんだな」と感謝しないといけないのかも知れません。
 個人的にはさっさとイベント終わって溶けた資材とバケツを回復するフェーズに移行したいんですが、出てくれないものは仕方がないので資材とバケツを溶かしながら進むしかないのです……。

 ああ、艦これは楽しいなぁ!(吐血


アプリ課金は捗るので(小並感

 今使っているMacは満足度の塊で、MacBookPro2015インチ2018年Core i9/32GB/1TB/Pro Vega20モデルは盛り過ぎだなと思ってはいるんですが大満足して使っていて、そして最近は環境をMacに決め打ちする事にしたのでMac関係のアプリを「買う」ようになってきて、それが非常に便利なのです。
 MacのApp Storeはシェアウェアばっかりでフリーソフトに良いものはそんなにないんですが、逆にシェアウェアだと非常に強い選択肢が数多く用意されており、今までの私だとパソコンはWindows/MacOS/Linuxのクロスプラットフォーム決め打ちだったのでMacのAop Storeでソフトを買うのは「使いまわせない」=「悪」だったので選択の対象外だったんですが、今Macをメインで使う環境を整えるとMacのApp Storeでアプリを買うのは選択肢としてはアリになっているのでアプリを買うのが楽しいんですよね。
 環境をMacに決め打ちするんだと選択肢に上がってくるアプリは結構あって、今はまだTweetbot3 for Twitter、MarsEdit4、Bear、GeekBench5、EdgeView2、Office365Soloしか契約していないんですが、今までと違って「Macの有料アプリは買わない」という縛りではなくなっているので1000円未満のアプリは気軽に買えばいいですしそれ以上のアプリなら大体無料体験があるので無料の範囲内でガンガン使って良ければ買えばいいので選択肢が増えて良いな、と思うのです。

 まあ無理に買うものでもないので有料アプリを選んで買う事はしないんですが、何かニーズがあってソフトを探した時、小一時間調べても良いフリーソフトにたどり着かない時は有料アプリを選べるというのは大きいな、と思っていて、それが出来るだけでも環境をMacに寄せた甲斐があるな、と思うのです。

 今使用環境でメインがMacBookPro、サブでMacBookAirを選んでいるんですが、App StoreのアプリはID共通なのでMacBookProで使うアプリを決めたらMacBookAirでも使えるので使い勝手は非常に良いと思っていまして、メインのMacでバリバリ使っているアプリをMacBookAirで持ち出して出先で使えるのは非常に強いですし、継続課金アプリはクラウド連携のものしか使っていないのでクラウド連携してAirでパキパキ使えるのは非常に楽しいんですよね。

 まあそういう体験を込みでApp Storeなんだよ、と言われると仰る通りなんですが、この使い勝手の良さは一度体験すると駄目ですよね。便利過ぎる。
 計算して環境をMacに寄せたんですが、一度Windowsから離れるとWindowsに戻る気がしなくなる囲い込みの状況なので、このままMac路線を突き進んでいこうと思います……。

 便利、ですよね。


テーマブログを書けると雑記がはかどらない

 1週間ぶりの更新です。ここ1週間は艦これをやっていました。
 この1週間というか10日間、毎日テーマブログ(テクノロジー)を3000文字更新していまして、それが出来るようになったのはH2タグのマークアップとブログエディタのMarsEditのおかげなんですが、テーマブログがザクザク書けると逆に雑記を書きたいニーズが失せてしまいこっちのブログがつい放置になってしまうのです。

 これはテーマブログがザクザク書けない鬱屈が貯まって雑記ブログで暴発するという一連の流れが、テーマブログがザクザク書ける事によって鬱屈がたまらなくなったので雑記ブログがはかどらないというわかりやすい動線だと思っていて、まあテーマブログでいっぱい書けてるんならいいんじゃない、という話だなと思います。

 まあ雑記ブログは本来「雑記」をするブログなので怨念とか負の感情を溜め込んでぶちまけるのは筋が違っているので、正しいテーマとして雑記を書けていければいいんじゃないかなと思います。

 今艦これがイベントの佳境を迎えていましてE-6まである海域のE-5を攻略しているのですが、思った以上に楽というか資材に余裕がある感じなので今回は無事終われるんじゃないかと思うんですが、アズレンのガチャで大爆死したように運の絡む部分は大爆死があり得るので、掘りでハゲ散らかす可能性も否定できず、近い過去の事例として伊13堀り183周で弾薬5000まで減ったという事件があるので油断はできないな、と思っています。
 まあ問題なく着地できたら素晴らしいね、という話なので頑張って攻略して行きたいと思います……。

 運、運があればなぁ……!


ブログエディタを導入した/H2タグでマークアップするとこんなに違うのか!?

 4日ぶりの更新です。ここ数日は毎日テクノロジーブログで3000文字を超える大長編を更新していたので長文を書きたいニーズが解消されており怨念は残っているんですがそれを長文として書き起こしたいという気持ちにならなかったので更新していませんでした。
 じゃあなんで今日更新するんだって、アズールレーンですよ!ちくちょう!ただのレア追加だと思ってサウサンプトン狙いで200連回して大爆死、貯めていた石200個に加えて月額課金で毎日貰える石も全部使って大爆死、未だに先が見えないので毎週月木に10連回すだけで我慢しようと思った所です!

 まあアズールレーンで大爆死したのも艦これが未だ手つかずなのもいいんですけど(良くはない)、今MarsEditというブログエディタを試していて、コレが思ったよりも使いやすいと言うか「自分が思うブログエディタ」そのものの構成をしているので凄いな、と思っています。毎日3000文字は書けないよ!って言ってましたけどやれば出来るかも、と思う程度には便利です。
 そしてブログエディタを使うようになって長文を書きたいニーズで「H2タグ」で文章をマークアップするようにしたんですが、物凄く違います。
 文章を書く時に基本的に私は五月雨式に書いてそのまま流れでぶちかまして終了、1000文字行かない、みたいな書き方をするんですが、「H2タグ」で文章をマークアップすると全く違います。H2タグはヘッダタグなので文章を書くにあたってH2タグを書くという事は文章の設計図を作ってから肉付けをしていくという作業になるんですが、設計図に従って五月雨式に書くと1項目が750文字くらいになるので項目が4つあれば3000文字が埋まります。そしてH2タグで文章を書くにあたって「起承転結」だけで4項目あるのでもう3000文字が埋まっているのです!

 阿呆か死ね、って言う話なんですけど、私基本的に起承転結とか序破急とかそういう「文章の構造化」は基本的にやらない人なんですけど、文章を書くにあたってモヤモヤとしたものに項目名をつけていくとそれなりの項目数になり、その項目が埋まるという事は文章量が埋まるという事でもあるんですが、考えた事を「バッサリカット」しなくていいんですよ!書きたい事が構造化されているので必要な場所で必要な事に言及すればいいだけの話なので、だだーっと書いて書き上がった文章を見ると「はて?これを書きたかったんだっけ?」となる事がないんですよね!大体の事が書けているのです。

 もちろん今みたいに最初から五月雨式でガンガン書くのも快感でいいんですけども、文章を構造化すると「最初に話の流れが決まっている」ので一項目ずつ書くのが楽しいですし、書いている間にタイトルが変わるようなら構造を変える事で対処できるので論理パズルとしてもなかなかできが良い遊びだと思いまして、テクノロジーブログはしばらくこの書き方で文章量と質が安定するか様子見してみようと思います。

 愚痴なんですけど、毎日頑張って更新しているんですがテクノロジーブログが最盛期の半分のPVしか稼がなくなりまして、アドセンスはGoogleが頑張ってくれているので3分の2程度で済んでいるんですけど、かけている熱量が変わらない以上熱量あたりのPV・アドセンス金額が下がっているという事で、これってもったいないと言うか悔しいのでなんとかしたいんですよね。
 しかし本質的に言うとPVだけ・アドセンス金額だけ増えても意味がなく、「意味のあるアクセス」が増えて「意味のあるPV・アドセンス金額」が増えないと意味がないので、やるべき事はもっと読んで貰える環境づくりなのです。その一環として「1更新3000文字」という目安がまことしやかにWeb上で囁かれており、じゃあ3000文字毎日半年やったらアクセスどれだけ増えるのよ、って思うんですよね。文章をひねり出す頭はそのままにH2タグを付けるだけでどれだけ文章が整理されてアクセスが増えるのか、見てみたい気がするのです。

 正直ここまで書いて1600文字なんですが五月雨式で書くにはこれが限界だと思っていて、この2倍を書かなければいけないというのは結構ツラいんですが、H2タグを付けて文章を整理して項目ごとに好き放題書くだけで3000文字って革命だな、と思っており、じゃあこのブログも構造化しろよ馬鹿、という話なんですがこのブログは「ダラダラして長文を書く」ニーズなので構造化は似合わないなと思っています。
 しかしブログエディタとH2タグを手に入れただけで3000文字が安定するって言うのは眉唾だと思う気持ちもあり、今は目線が変わっているので気持ちよく中文を積み重ねて長文になっているけれども本質的には長文は書けない人である可能性が十分以上にあるので今後の推移も注目だな、と思っています。
 まあ五月雨式って頭に浮かぶ言葉をそのまま流し込んでいると言う事なので人間の頭(私の頭かも)って基本的に構造化されていないんだな、と思うんですよね。構造化する事を考えないと順序すらつけられない感じでボヤボヤ浮かんでいるのをその場で書き留めるだけっていうのがあまり生産性は高くないな、と思うので、自分の頭の生産性を上げる目的でもH2タグ導入はいい方向性なのかも知れません。

 という文章まで書いて2200文字なんですが、H2タグを使って書くと3500文字前後で着地するんですが、この1300文字の違いって大きいですよね。実分量で言うと1.6倍くらい違うので文章の量というよりも詰まっているニュアンスが変わってくるでしょうし、実際に言いたい事を「ザクっと」書いて3500文字というのはこのブログと対比すると非常に大きく違います。文章の書きやすさで言うとテーマ記事ではないこのブログの方が筆が自由に動く道理なんですが実際に書いてみると自由に書いても2000文字がいいところ、というか2000文字が苦しい、という感じになっており、それに比べてテーマブログで構造化するだけで3500文字が「普通に」出力できるのはもうシステムが革命的に違うんだと思うんですよね。
 「何かについて考えて、それをブログにする」という動線と、「何かについて考えて、それを構造化して整理して、それをブログにする」という動線では「それを構造化して整理して」しか違いませんし、整理というのは不要なものを削ぎ落としていく概念なので本来的には文章が整理されて少なくなる、文章あたりの意味密度が高くなる事を意味しないとおかしいんですが、そうはならないのです。整理したほうが自分にとって「適量」だと思う文章量を書いて(書けて)それが意味のある文字数になるので一段回チャンクアップする事でブレイクダウンしやすくなりブレイクダウンの結果であるアウトプットが多くなる、という事なのかな、と思います。

 まあ数字として必ず3000文字を超えなくてはならない、という話ではなく1文章3000文字くらいの密度で書けよ、というのがWebで囁かれている言葉の意味だと思うのでエディタの文字数とにらめっこしながら送り仮名・漢字ひらがなを調整する話ではないと思うんですが、それにしてもブログエディタとH2タグの導入で画期的に文章入力「体験」が違ったので驚きました。概念ってこうやって使うものなのね、と思ったので記念に。

 ああ、艦これのイベントに着手しないと……!


開放されました

 鬱屈した子供預かり状態から開放されました。
 思うところは色々あり、考える事も色々あるんですが、今はただ開放された事を喜んでいます。

 長文を書くのがニーズのこのブログですが、今日は短めに行きたいと思います。なぜかと言うとテクノロジーブログで3500文字の大長編をぶちまけたので筆の滑りが悪いと言うかインクは出尽くした、みたいな感じでスッカスカな雰囲気になっているからです。

 自分の病気の話をすると無理をするのが駄目という話なんですが、そもそも生きるのに置いて無理をしないのが無理筋なので「どの線で無理をするのか」を考えて行動しなければならないと思うんですが、うちの環境で言うとそれを選んではいられない環境で、嫁は普通じゃない、長男次男も普通じゃない、交友関係も普通じゃなくて結果的に家に訪れるイベントも普通じゃないので、まあ病気である私も普通じゃないので人の事を言ってはいられないんですが、起こるイベントが全部私の両肩にかかってくるシステムなのが頭悪いと思っていて、私は免罪されるべきだと思うんですよね、何事についても。
 しかし「常に家にいる」のは私で、嫁さんが家庭を顧みない人である以上家で起こるイベントは全て私に降り掛かってくるので、イベント自体を出禁としない限り私の人生に平穏は訪れないのです。そしてイベントを出禁にする事はできないので私は常に背負う立場であるという事であり、非常にやっていられない感じになるのです。

 ぶっちゃけ長男の友人が不登校だろうとその母親との関係に問題があろうともうちで6日間も預からなければならない理由にはなっていないと思っていて、うちには病気の人がいるのだから遠慮するのが筋だと思っているのです。わざわざ6日間も預ける意味がわからないし、意味があるのだとしても別の友達の家に預かって貰え、と思うんですよね。口汚いですけど。
 そして預かるなら預かるで判断した嫁さんが責任を追うべきで、子供が起きている間はちゃんと嫁さんが起きて面倒を見るべきだと思うんですよ。なんで私が4時過ぎまで起きている子供の面倒を見なければならないんでしょうか。正直手に余るし、それ以前に子供は24時前に寝ろ、と思うんですよね。そんな生活をしているから不登校になるんだ、と思います。正直。というかその時間帯に起きていて学校になんか行ける訳がないと思うんですよ。いうてうちの子も24時前にはねてるけど不登校ですけどね。

 まあ愚痴はここまでとしておいて、一度嫁さんに正式に抗議して、取り合ってもらえないようなら今後の生活をちょっと考えざるを得ないですよね……。
 受け入れるだけが愛ではないと思いますし、それは嫁さんだろうと息子だろうとその友達だろうと変わらないと思うので……。


つなぎ更新:環境不安定

 現在非常に不安定な環境にあり安定した出力ができません。今回も出力は十分ではなくあくまでつなぎの更新です。

 私は自分を安定環境型だと思っていて、不安定な環境では実力を100%発揮できるタイプではないと思っているんですよね。なので環境を安定させる事に自分でも配慮しますし、安定した環境があるならばなるべくそちらに向かって歩いていくようにしているんですが、嫁さんはそういうタイプではなく不安定な足場で実力を発揮するタイプなのでなんでも不安定なまま次のイベント次のイベントと行ってしまうタイプで、ぶっちゃけ後始末は私がする事になるのです。
 そういう環境に不満があるわけではないんですけども、次から次へと嫁さん・子供のインシデントを積み上げられると手が回らないですし私の環境も安定しないので居心地が悪く、まあ大満足だとは言えない状況ですよね。

 しかしまあこういうのって一回決まったら覆らないものなので、私は一生後始末をしながらボヤいて生きる事が確定していると思うのですが、特に今まさに嫁さんの交友関係のインシデントで長男次男の共通の友達である子供を1人預かっているんですが、彼が自由気ままと言うか夜中の4時まで起きて遊んでいるタイプなので(学校には行っていない)私の夜の環境が侵されると言うか寝る場所も居場所も取られている状態で非常に居心地が悪いと言うか、正直勘弁してくれという気持ちになっています。子供が迷惑なのではなく、私の居場所がないのが問題なのです。

 まあ預かる日程が終わればまた平和が戻ってくるという話なのでそれまで我慢していればいい話なんですが、結構な日程を預かっているので私の心の荒廃の方が早く日程終わるまで保たないな、という気持ちになったので気分転換に色々しているんですがそのせいでこのブログが埋まりません。

 また平和が戻ってきたら長文を書き散らすニーズでこのブログを使って行きたいと思いますので、それまではしばらくおとなしくしておきますね。