未だに自分を内側からキックする情熱があるので毎日ブログ書いたりTwitterしたり2〜3日に1回ペースでこのページを更新したりしているんですが、今生活の中で最も恐れるべきはこの情熱が失われる事だな、と思います。

 今自分を動かしているのは方向性の知れない情熱なんですが、もしこれが失われたら毎日がモノクロになり心が充足する事を知らず何を食べても味気のない生活になると思っていて、それがとても怖いのです。
 特に歳を取るごとに情熱は失われていくというので無意味に40年生きてきた私としてはこのまま情熱が削られて目減りしていつかなくなってしまうのだ、と思うと背筋が凍る思いがします。

 今の時点で昔に比べて情熱が落ちたのか、という部分なんですが、個人的にはあんまり感じておらず、情熱じゃなくて執着は無くなってきたよな、と思います。若かりし頃は情熱とセットでついてくる執着だけが目減りしていって、情熱だけが残って今は穏やかな気持ちでかつ情熱を持っていられるんじゃないかと思います。
 まあ昔のように「失ったら死ぬ」という切実な思いを持っているのかと言うとそうではないので情熱のタイプが違うのかも知れませんが、情熱だけが生きている証、それを失ったら自分が消え失せるという半ば強迫神経症めいた思いが「今生きている事を受け入れる」事と入れ替わって浮足立たない、地に足がついた状態でかつ情熱を持っていられるのは「良い年のとり方をした」のかも知れません。

 それは別として、今の自分をドライブしている情熱、好きな事に人生を打ち込みたいと思うその気持ちは失われて欲しくないな、と思っていて、正直これが失われた時に自分を自分を規定するアイデンティティが失われると思うんですよね。それが失われると自分の方向性を決めている大きな要素が抜け落ちると思っていて、多分それが失われたら私は生きる屍になると思うのです。

 まあ簡単に失われるとは思わないんですが、私は自分の人生の中で失われると思っていなくて失われたものが結構あるので、この「情熱」だけは失われないように全力でカバーして行きたいな、と思います。